シマダ皮膚科クリニック

シマダ皮膚科クリニック

MENU

シマダ皮膚科便り

Blog

ひょう疽(ひょうそ)、化膿性爪囲炎 Shimada Dermatology's Letter

ひょう疽(ひょうそ) 手足指のささくれなどの小さな傷から細菌が入り込み、炎症が生じている状態です。指しゃぶりをする乳幼児や手荒れが起こりやすい人に多くみられます。 抗生剤内服、外用で多くの場合は軽快します。また、膿がたまっている場合は排膿処置を行ったほうが早く炎症や痛みがとれます。   =======================================
〒114-...

ヘルペス Shimada Dermatology's Letter

単純ヘルペス 単純ヘルペスはウイルスによる感染症で、痛みをともなった水疱がみられる疾患です。特に口唇や陰部は好発部位として知られています。 単純ヘルペスは感染すると生涯にわたって神経に潜伏します。疲れや風邪などで免疫が低下した時に症状が出てきます。   治療 ウイルスの増殖を抑える抗ヘルペスウイルス薬の内服薬や外用薬を使用します。症状が出たらできるだけ早く使用することで、治癒までの期間を...

やけど Shimada Dermatology's Letter

やけど   やけどは深達度によって大きく1度から3度にわけられます(受傷直後は診断が困難なこともあります)。   1度熱傷
赤くなり、ひりひり痛い。水疱はない。
2度熱傷
赤くなり、水疱(水ぶくれ)ができ、痛みがある。
3度熱傷
黒色、褐色または白色、痛みがない。   写真は熱湯を下肢にこぼして受傷された方...

顔のしわ、ボトックス Shimada Dermatology's Letter

ボトックス注射とは ボツリヌス・トキシンは神経の働きをブロックすることで、筋肉の動きを抑えます。ボトックス注射は表情筋の動きを抑えることでしわを目立たなくします。治療効果は個人差もありますが3~6か月くらいです。 特に額(ひたい)、眉間、目尻のしわはボトックス注射の良い適応です。   額(ひたい)のしわ 注射前          注射後2週 ボトックスによって前頭筋の過剰な動きを抑え...

ケガ(切り傷、擦り傷) Shimada Dermatology's Letter

ケガ(切り傷、擦り傷) 日曜大工で誤って手のひらを切られた方です。 母指球から手関節部までの切創です。脂肪が露出していましたが、幸いなことに動脈損傷、腱の損傷はありませんでした。   傷が深かったのでぼかしています。   1週間後です。手関節部は抜糸しました。 当院は縫合が必要な外傷も対応しております。   ===========================...

食物、金属アレルギー Shimada Dermatology's Letter

食物、金属アレルギー 当院では採血やパッチテストによるアレルギー検査を行っております。   血液検査 花粉、ハウスダスト、食物などのアレルギーがあるかを採血で検査します。 パッチテスト アレルギーの原因と疑われる物質や金属を上腕や背部に貼付し検査します。特に金属パッチテストは手間がかかるため行っていないクリニックも多いと思います。 検査をご希望の方はお気軽にお問い合わせください。 ===...

乾燥肌 Shimada Dermatology's Letter

乾燥肌 皮膚には外的から守るバリア機能があります。皮膚が乾燥しバリア機能が破綻すると、外からの刺激を受けやすくなります。その結果、かゆみや湿疹が起こりやすくなったり、アレ感染症やアレルギー原因にもなります。 乾燥があまり目立たない方でも毎日保湿剤を塗ってしっかりスキンケアすることが大切です。   =======================================
...

たこ、うおのめ Shimada Dermatology's Letter

たこ・うおのめ たこや・うおのめは皮膚が擦れや圧迫などの慢性的な外的刺激を受ける部位発症します。 たこは皮膚が厚く、固くなった状態で、うおのめは厚く、固くなった皮膚の中に芯が形成され圧痛みを伴うようになった状態です。   治療はたこ、うおのめを剃刀や、ニッパーなどで削っていきます。症状が軽い場合は貼付剤や外用薬を使用することもあります。   ご自分で削られると炎症、感染を起こす...

水いぼ Shimada Dermatology's Letter

水いぼ 水いぼは光沢のある半球状に盛り上がった小さなできものです。軟属腫ウイルスが皮膚に感染することが原因です。 接触感染で、直接いぼに触れたり、タオルの共用、プールのビート板などから感染するといわれています。   治療 ①経過観察 基本的には体の免疫が反応して水いぼは自然消退します。他の部位に広がらないようにしっかりとスキンケアしていく必要があります。 ②摘除 アトピー性皮膚炎などで水...

くま(目の下のクマ) Shimada Dermatology's Letter

目の下のくま 目の下のくまは大きく下記にわけられます ①色素沈着によるくま
紫外線や目のまわりの摩擦刺激、皮膚炎などの後にみられる炎症後色素沈着によるものです。 治療 トラネキサム酸やビタミン剤の内服 美白クリームの外用   ②影によるくま
影によるくまは、目の下にくぼみが出来ることが原因です。 治療 目の下の陥凹部分にヒアルロン酸を注入し目立たなくします。 &n...
1 2 3 4 5 6 7 8 9
受付