シマダ皮膚科クリニック

シマダ皮膚科クリニック

MENU

シマダ皮膚科便り

Blog

酒さ(しゅさ)、赤ら顔Shimada Dermatology's Letter


酒さ(しゅさ)、赤ら顔

 

酒さは何らかの因子によって炎症を引き起こされた結果、顔面に赤み、血管拡張、ニキビ様の皮疹がみられる疾患です。

根本的な原因がわかっておらず、酒さで悩んでおられる患者さんは多くいらっしゃいます。

 

 

症状は一般的には4段階にわけられます。

毛細血管拡張型(1型)
鼻先・頬部、額・眉間などを中心として赤みがみられます。細かい血管拡張をともない、ほてり感が出現します。

 

丘疹膿疱型(2型)
赤み、血管拡張に加えて赤く盛り上がったニキビ様の皮疹もみられるようになります。皮疹を顕微鏡検査するとニキビダニがみられることもあります。

 

鼻瘤(びりゅう)(3型)
皮膚科肥厚し鼻がこぶのように盛り上がります。

眼型(4型)

目の周りの赤み、結膜・角膜炎をともなうタイプです。

 

治療 

外用薬

ロゼックスゲル
メトロニダゾールという抗菌薬を主成分とした外用薬です。特にニキビダニが確認された丘疹膿疱型の酒さには著効します。

現在、国内では保険適応になっておいないため、当院では自費治療としてご用意しています。

 

アゼライン酸クリーム

穀類や酵母に含まれている成分で毛穴のつまりを改善し、抗菌作用もあるため、日本では主にニキビ治療に用いられています。個人的には丘疹膿疱型の酒さに比較的効果が高い印象があります。

また、カリクレイン5(酒さの方の皮膚に増加してみられる蛋白)を阻害して酒さに効くという理論も確立されてきました。

 

プロトピック軟膏
ステロイドと同じように炎症をおさえる作用があります。毛細血管が拡張する副作用がないため、酒さの方でも場合によっては使用することがあります。

 

イオウ・カンフルローション
殺菌作用、皮膚を乾燥させる作用があります。皮脂が多いタイプの酒さの方に有効と考えられます。

 

非ステロイド性抗炎症薬
炎症をおさえる作用は弱いですが、他の外用薬では刺激がある方に用いる場合があります。

 

内服薬
抗菌薬

テトラサイクリン系、マクロライド系抗生物質の内服薬は殺菌作用とともに抗炎症作用を持ち、症状が強い酒さの方に有効です。

漢方薬

ほてりや炎症を抑える清熱剤の処方、またニキビ様の皮疹が多くみられる場合はニキビに準じた漢方治療も行います。

 

フォトフェイシャル

赤みやニキビに対して効果のある波長の光を照射します。赤い色への反応を強めて、赤ら顔、毛細血管拡張も治療することが出来ます。

フォトフェイシャルを繰り返し治療することで、皮膚全体の色調と質が徐々に改善していきます。

 

酒さは薬の効果に個人差も大きく、長期間悩まれている方が多くいらっしゃいます。当院では上記の治療を患者さまごとに組み合わせていきます。

お悩みの方はお気軽に受診してください。

 

=======================================
〒114-0002

東京都北区王子2-30-6 末永ビル2階

シマダ皮膚科クリニック

TEL:03-6903-3080

FAX:03-6903-3081

HP :http://hifuka-shimada.com/

院長 島田 俊嗣(シマダ トシツグ)
=======================================

受付