シマダ皮膚科クリニック

シマダ皮膚科クリニック

MENU

シマダ皮膚科便り

Blog

掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)Shimada Dermatology's Letter


掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)

 

掌蹠膿疱症は手掌や足底に赤み、皮むけ、膿疱が混在してみられる疾患です。

また、関節炎を合併する方もいらっしゃいます。

扁桃炎や虫歯などの感染病巣金属アレルギーの関与も報告されていますが、はっきりとした原因はわかっていません。

 

治療

外用薬

ビタミンD3外用

ステロイド外用

 

内服薬

エトレチナート(ビタミンA誘導体)

ビオチン(ビタミンH)

シクロスポリン

 

光線療法

当院では掌蹠膿疱症に対し中波紫外線療法も行っております(保険適応)。308エキシマシステムは短時間で強いエネルギーを照射することができます。

 

その他

・病巣感染の治療

扁桃炎の関与が疑われた場合、扁桃腺を摘出することで掌蹠膿疱症がよくなることがあります。

・歯科金属除去

金属アレルギーのある患者さんは歯科金属を除去する方法もあります。

当院では金属パッチテストもおこなっております。

ご希望の方はお気軽にご相談ください。

 

=======================================
〒114-0002

東京都北区王子2-30-6 末永ビル2階

シマダ皮膚科クリニック

TEL:03-6903-3080

FAX:03-6903-3081

HP :http://hifuka-shimada.com/

院長 島田 俊嗣(シマダ トシツグ)
=======================================

受付