シマダ皮膚科クリニック

シマダ皮膚科クリニック

MENU

シマダ皮膚科便り

Blog

日焼けしちゃった・・・日焼け止めのSPFとPAとは?焼けたらどうする?Shimada Dermatology's Letter


こんにちは、シマダ皮膚科クリニックスタッフです。

今回は日焼けのお話第2弾、しかも今回は私の体験談でございます。

今日現在の私の背中です。

 

 

 

 

 

川でBBQ・・・

としまえんで優雅に流れるプール・・・

サマーランドでウォータースライダー・・・

ああ、たのしかった・・・

 

 

日焼けしない訳がない・・・

(遊びすぎだよ!と他のスタッフから総ツッコミが入りました)

 

 

 

さて、よく見る日焼け止めのSPFとPA。

こちらについて少し。

 

 

 

SPFとは

UV-B(紫外線B波)を防ぐ効果指数です。

B波は短時間で肌に赤み・水ぶくれなどの炎症(サンバーン)の主な原因となります。

数字が大きい方が防御効果は高く、赤くなるまでの時間を延ばしてくれます。

 

『SPF30』とは『赤くなるまでの時間を30倍に延ばす』ということです。

例えば、赤くなるまでに20分かかる人は

20(分)×30(SPF)=600(分)なので

約10時間程度の効果が期待できる、ということになりますね。

 

 

 

PAとは

UV-A(紫外線A波)を防ぐ効果指数です。

一時的に肌を黒くし(サンタン)、長時間かけて肌の弾力を失わせたり、シワ・シミの発生に大きく関わります。

『+』のマークで4段階で表示されていて『+』の数が多いほどにA波に対する効果が高いと言えます。

 

 

 

さて、私の日焼けですが・・・

実はこれでもSPF50・PA++++の日焼け止めを塗っていたんです。

じゃあなんでこんなに焼けているの?

 

 

理由は

・塗りなおしをあまりしていなかった

・水遊びですぐに日焼け止めが落ちてしまった

と、考えています。

 

 

ウォータープルーフとは言っても、日焼け止めは汗を拭いたり、手で触れるだけでも落ちたりよれたりすると言われています。

SPFやPAの数字が大きくても、水や、タオルで拭ってしまってはやはり取れてしまうのです。

少なくとも、2時間おきくらいで塗りなおすのが望ましいですね。

このお話をすると

「塗りなおしって必要なんですか!?」と

皆さん驚かれますが、上記のような理由から、塗り直しは必須です((+_+))

日常の、通勤の時だけの紫外線、近所へのお買い物の紫外線、くらいだったら頻繁な塗り直しは不要だと思います。

ただ、レジャーで終日お外にいるときには少なくとも2時間程で塗り直しを心にとどめておいてくださいね。

 

 

 

それでも、私のように日焼けしてしまったときは・・・

 

 

 

・ビタミンCをとる!(日焼け後の炎症を抑え、メラニンの生成も抑えてくれます)

・必要に応じてステロイドを塗る!(火傷になっているものは塗ったほうが早く引きます)

・保湿!(実は日焼け後の肌はとても乾燥しています。お手持ちの化粧水などでOKです)

 

 

 

↑私が今お世話になっているセットです(本当)。苦笑

 

 

 

お手持ちのもので対応でも構いませんが、困ったらまずはご相談にいらしてくださいね。

お肌の状態にあった、必要なものを処方いたします(*^^)v

 

 

 

皆様、私のようになる前に

『日焼け止めは塗りなおし必須!』

『焼けたら、ビタミンC、保湿、必要に応じてステロイド!』

良かったら覚えておいてくださいね( ;∀;)

 

 

本日もここまでご覧いただきありがとうございました♪

 

=======================================

シマダ皮膚科クリニック

公式HP :http://hifuka-shimada.com

美容HP:http://shimada-biyou.com

〒114-0002

東京都北区王子1-10-17ヒューリック王子ビル5階B[地図]

TEL:03-6903-3080

FAX:03-6903-3081

院長 島田 俊嗣(シマダ トシツグ)
=======================================

受付